<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ビブリオバトル 緊急開催!
■■12月13日、開催結果を記事の最後に追記しました■■

 ゼミやMELICでの開催でおなじみ、「ビブリオバトル」を開催します!

 今回のビブリオバトルは、「全国大学ビブリオバトル」の予選会となります。
 みごと「チャンプ本」に選ばれたかたには、11月5日に横浜で開催される「地区決戦」に出場していただきます!
 さらに横浜の地区決戦で勝ち抜けば、12月14日に京都で開催される全国大会にご招待! たったの五分×2回、本の話をするだけで京都旅行に行けちゃう…かも?
 これは挑戦するしかないですよね。

 すでに帝京大学からは、先日の青舎祭大会で選出された代表の学生さんが「地区決戦」への出場を決めています。
 追加でもうひと枠出場できることになりましたので、急遽予選会の開催を決定しました。
 せっかくの一年に一度の大会ですから、みんなで盛り上げていきましょう!

 発表を希望される方は、下記の通りお申込みください。
 人数にもよりますが、当日の飛び入りも歓迎です。
 お気軽にお問合せ&ご参加くださいね。

 もちろん、観覧は自由です。友だち恋人先輩後輩先生などなど、みなさまお誘いあわせのうえ、ビブリオバトルを楽しんでください!

■日時:10月29日(水) 17:15-18:15
場所:短大一号館 ブックセンター店内
発表の応募宛先:teikyo@kinokuniya.co.jp
必要事項:名前・連絡先(メールアドレス)・当日紹介する本のタイトル

a0158459_12332250.png

ビブリオバトルは、こんな感じの楽しいゲームです!(都立多摩図書館作成)

■5分間で好きな本を紹介する → 発表した人&観戦した人全員で、「どの本を読みたくなったか?」を基準に投票 → チャンプ本が決定!
 勝敗を分けるのは、プレゼンの技術と、本への熱い思い。
 勝ち負けがあるからハラハラしますが、勝てなくっても問題なし。新しい本との出会いが待っています。

■帝京大学でも、青舎祭やゼミなどで何度も開催されています。
 昨年行われた学生のための全国大会「ビブリオバトル首都決戦」にも、帝京大学代表の学生さんが首都圏ブロック代表として出場しました。

 ビブリオバトルって何?をわかりやすく紹介したチュートリアルビデオを、こちら(https://sites.google.com/site/bibliobattle/tutorial)でご覧いただけます。

 過去の首都決戦の映像は、こちら(http://www.youtube.com/channel/UCSwgB5jwyFrWUxWMJ1o1VyQ)。

■■12月13日追記■■
 10月29日のビブリオバトルは、学生6人が発表者として参加、約20人の観覧者を集めて大盛況のうちに終了しました。

<紹介された書籍>
(カッコ内は、著者/出版社/紹介した方のお名前です。)

・『超訳 覚悟の磨き方』(吉田松陰/サンクチュアリ出版/モリタさん)
・『不思議な羅針盤』(梨木香歩/文化出版局/ノマさん)
・『つながる』(代々木忠/祥伝社/ナカミチさん)
・『シナモンとまいごのこいぬ』(マルク・ブタヴァン/小学館/シガさん)
・『部長!ワイシャツからランニングがすけてます』(ドン小西/朝日新聞出版/ハセガワさん)
・『アルジャーノンに花束を』(ダニエル・キイス/早川書房/ヤマガタさん)

 六冊のなかから、チャンプ本に選ばれたのは『不思議な羅針盤』。紹介したノマさんは、『西の魔女が死んだ』などのベストセラー小説で知られる梨木香歩さんが、独特の感覚で人と人の関わりを描いたエッセイを、気さくな雰囲気で紹介してくれました。
 ノマさんには、記念品と11月の「全国大学ビブリオバトル」地区決戦への出場権を贈呈させていただきました。

 みなさん、ご参加ありがとうございました!
[PR]
by teikyobc | 2014-10-25 13:21 | お知らせ