<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
帝京大学総合博物館 特別展図録販売のお知らせ
 現在、帝京大学総合博物館において開催されている『日本書道文化の伝統と継承 ―かな美への挑戦―』の図録をブックセンターにて販売しています。
 学内の方々はもちろん、博物館にご来場の学外のお客様にもご好評いただいております。学内販売限定の特価でご案内しておりますので、同展においでの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

■特別展について
『日本書道文化の伝統と継承 ―かな美への挑戦―』
期間:2016年10月18日(火) - 12月19日(月)
会場:帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクウェア地下一階 帝京大学総合博物館
開館時間:9:00 - 17:00(16:30最終入館)
開館日:月曜日 - 土曜日
休館日:日曜日、祝日、その他大学の定める休日
詳細は帝京大学総合博物館のウェブサイトをご覧ください。
http://www.teikyo-u.ac.jp/introduction/tum/

■図録について
『日本書道文化の伝統と継承かな美への挑戦』
帝京大学書道研究所・帝京大学総合博物館 著
求龍堂 発行
2016年10月 ISBN:9784763016355
税込定価2,700円(本体定価2,500円)
学内特別価格 税込2,430円

■ブックセンターについて
帝京大学ブックセンター
場所:帝京大学八王子キャンパス 本館二階
営業時間:9:00 - 16:30
営業日:月曜 - 金曜日(大学通常講義実施日)
*ブックセンター閉店時は、帝京大学総合博物館にて通信販売のご案内を配布しています。
[PR]
by teikyobc | 2016-11-21 09:54 | お知らせ
ビブリオバトル開催のお知らせ
★★11月4日、開催結果を記事の最後に追記しました!★★

 ゼミやMELICでの開催でおなじみ、「ビブリオバトル」を開催します。

 今回のビブリオバトルは、「全国大学ビブリオバトル」の予選会となります。
 みごと「チャンプ本」に選ばれたかたには、11月9日に横浜で開催される「地区決戦」に出場していただきます。
 さらに横浜の地区決戦で勝ち抜けば、12月に京都で開催される全国大会にご招待!

 帝京大学からは、先日の青舎祭にて開催されたビブリオバトルの結果、一人の「地区決戦」への出場者が決定しています。
 「私も地区決戦に挑みたい!」という学生さんの声が多数あったということで、予選会を追加開催することになりました。
 ぜひこの機会に、ビブリオバトルに挑戦してみてくださいね。

 発表を希望される方は、下記の通りお申込みください。
 また、観覧は自由です。直接会場にお越しください。

■日時:11月4日(金) 17:00-18:00
場所:本館二階 ブックセンター店内
発表の応募宛先:teikyo@kinokuniya.co.jp
必要事項:名前・連絡先(メールアドレス)・当日紹介する本のタイトル
応募締切:11月4日(金)正午 *応募人数によっては早期の締切・抽選を行うことがあります。

a0158459_12332250.png

ビブリオバトルは、こんな感じの楽しいゲームです!(都立多摩図書館作成)

■5分間で好きな本を紹介する → 発表した人&観戦した人全員で、「どの本を読みたくなったか?」を基準に投票 → チャンプ本が決定!
 勝敗を分けるのは、プレゼンの技術と、本への熱い思い。
 勝ち負けがあるからハラハラしますが、勝てなくっても問題なし。新しい本との出会いが待っています。

■帝京大学でも、青舎祭やゼミなどで何度も開催されています。
 昨年行われた学生のための全国大会「ビブリオバトル首都決戦」にも、帝京大学代表の学生さんが首都圏ブロック代表として出場しました。

 ビブリオバトルって何?をわかりやすく紹介したチュートリアルビデオを、こちら(https://sites.google.com/site/bibliobattle/tutorial)でご覧いただけます。

 過去の首都決戦の映像は、こちら(http://www.youtube.com/channel/UCSwgB5jwyFrWUxWMJ1o1VyQ)。


★★11月4日追記★★
 本日11月4日、ブックセンター・特別会場にてビブリオバトルを開催しました。
 学生6人が発表者として参加、約10人の観覧者に集まっていただけました。

<紹介された書籍>
(カッコ内は、著者/出版社/紹介した方のお名前です。)

・『夜の公園』(川上弘美/中央公論新社/石山さん)
・『TOKYO STYLE』(都築響一/筑摩書房/山縣さん)
・『時限病棟』(知念実希人/実業之日本社/永沼さん)
・『小説 仮面ライダー龍騎』(井上敏樹/講談社/長嶋さん)
・『あらしのよるに』(きむらゆういち/小学館/中道さん)
・『消滅世界』(村田沙耶香/河出書房新社/具志堅さん)

 チャンプ本の座を射止めたのは、具志堅さんの紹介した『消滅世界』。
 この本を面白さをわかってもらうために何度も読み返して挑んだとのこと。具志堅さんが小説を読んだときの驚きが伝わってくる発表でした。
 具志堅さんには、11月9日に横浜で開催される「全国大学ビブリオバトル」地区決戦に出場いただくことになります。

 チャンプ本となれたのは一冊ですが、発表された六冊はいずれも面白そうなものばかり。質問も次々飛び出し、非常に楽しい会となりました。みなさん、ご参加ありがとうございました!

[PR]
by teikyobc | 2016-11-01 11:38 | お知らせ